So-net無料ブログ作成

お水を飲んで病気をふせぐ

 1.糖尿病は体内のインスリン作用が悪くなって起こります。
血糖値が上がり尿がたくさん出て血液濃度が高くなるため、
喉が渇きやすくなることも特徴です。
水を飲むことは糖尿病の予防になりますよ。

 2女性の悩みのひとつである便秘
原因のひとつに、
水分が不足するため便が硬くなり腸のはたらきが落ちることがあげられます。
便秘解消には、朝起きぬけにコップ1杯の冷たい水を飲むことも効果的です。水分補給が腸を刺激して便秘解消にもつながりますので、しっかり水分補給しましょう。 

 3.高血圧は塩分の過剰摂取によっても引き起こされますが、余分な塩分を排出するために、水分を補給すると効果的とのことです。 

 4.秋に意外と多くなる病気が痛風です。
なんらかの原因で
尿酸が過剰になり、針状結晶となって関節などに付着し、激痛を起こす病気が痛風です。尿の排出量が少なくなると尿酸が排出されなくなり余計に悪化しやすくなります。
つまり夏は汗を大量にかくため、尿量が減少しがちになり、その結果、尿酸が十分に排出されない状態となって秋に痛風発作を起こすこととなります。ここでもやはり、水分をしっかり摂ることが予防につながります。
 

 5.脳梗塞は、血液中の水分が不足して、血液がドロドロの状態になり血管が詰まりやすくなることがひとつの原因となります。
脳梗塞は、午前中に起こりやすいと言われており、寝ている間に汗をかき、水分が奪われてしまうため、朝起きて水分を摂取しないでいると、ドロドロとした血液が詰まって脳梗塞の発作を起こしてしまう可能性が高くなるからともいわれています。
また、睡眠中のトイレが近くなることを考えて、寝る前は水分を控える人が多いですが、そのために血液が濃くなり詰まらせてしまう原因にもなっていることもあるようです。
  

 水分を取りすぎるのも体に良くないのですが、どちらかというと水分をきちんと取らないほうが病気になりやすいと言えそうです。習慣化するのが難しいようでしたら、天然水やミネラルウォーターの宅配ウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか?毎日手軽においしいお水を飲んで、病気を未然に防ぎましょう。 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。