So-net無料ブログ作成

この天然水はおいしい!

老若男女が安心して飲め、健康にも良い天然水のひとつである「大峯山 神泉洞の水」。消費者の側で考えると「 美味しい 」だけでなく「 安全か 」と言う点も、 ミネラルウォーター選びに必要な条件です。

 奈良県吉野熊野国立公園内にある、吉野郡天川村(てんかわむら)。ここは、あらゆる開発行為が規制されているのです。天川村よりさらに奥には<ごろごろ水><泉の森><神泉洞>の3つの源泉から成りたつ洞川湧水群があります。
 この洞川湧水群は水質が良く、昭和607月に当時の環境庁(現・環境省)から「名水百選」に選ばれました。この源泉のひとつである、神泉洞の内部は、石灰質の鍾乳洞になっています。入口から地底に100mほど進んだ突き当りには神秘的な湧水地点があります。私が紹介する天然水、「大峯山 神泉洞の水」はここで採水されています。  ここ神泉洞は昔から地元の人々に「神の泉」と呼ばれ、御神水と崇められてきた歴史があります。「大峯山 神泉洞の水」は、この伝説的に語り継がれてきた神泉洞の水を原水としているのです。  
神泉洞の入口は衛生上、保安上の関係で厳重に管理されていて、関係者以外は立ち入り禁止です。その為、一般の方が取水することはできません。みだりに汚される心配がありません。 「大峯山 神泉洞の水」は、こうした安全な環境で採水した天然水を、現地にてマイクロフィルターで濾過して、ボトルに詰めているため、天然水の風味と質がしっかりと息づき、飲んでおいしく、体にも良いミネラルを摂取することができるのです。

  


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。