So-net無料ブログ作成

神泉洞の水

天川村洞川地区から見た大峯山系です。山頂付近は霧がかかっていますが、霊峰にふさわしく、とても美しくそびえています。
「大峯山神泉洞の水」はこの美しい山々の伏流水から生まれているのです。
  古くは中世の修験道者達が、激しい修行で疲れた体を癒したこの水は今話題の有機ゲルマニウムやセレニウムも含まれており、貴重な御神水として地元の方々によく保全され、昭和60年に環境省(当時の環境庁)より名水百選の指定を受けています。

奈良県吉野の霊峰、大峯山の登山口にある天川村洞川。
ここに「神泉洞の水」の採水地である「神泉洞」があります。
太古の昔より、この泉に湧き出る美しい水は、霊水(御神水)として人々に「神の泉」と呼ばれ、崇められてきました。
  そして現代。大地の恩恵を存分に受けた、「神泉洞」からこんこんと湧き出る天然水は「神泉洞の水」として親しまれています。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。