So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日本人好みのお水

おいしい水を求めるならマグネシウム分が少ないものを、飲み水からミネラル補給をされたい方は多少後味が苦いようでも、ミネラル含有量が少しでも多い水を探してみてはいかがでしょうか。味を楽しむ、飲み水としてのミネラルウォーターを考えるなら、苦味や渋みがない水のほうがおすすめですよ。

 

ミネラルウォーターに含まれる、ミネラルの特徴は以下のようなものです。

・ナトリウム・・・塩化ナトリウムは塩辛さ、硫酸ナトリウムは渋みがあります。

・カルシウム・・・のど越しのよさ、まったり感。含有量が多すぎると重い感じがするよ  うです。

・マグネシウム・・・含有量が多すぎると苦味が感じられます。

・カリウム・・・味を引き締めてくれます。

ナトリウムやマグネシウムは、はっきりと味覚で感じられます。ゆえに、これらが突出して大量に含まれる水は口の中に後味を残してしまいます。マグネシウムの含有量の多い後味の苦い硬水を選ぶのか、水の味を優先して軟水を選ぶのかは、お水を飲む目的によって変わってくることでしょう。

  19854月に厚生省が発表した「おいしい水の要件」の硬度によりますと、おいしい水は10mg/lから100mg/lの硬度のものとなります。硬度の低い軟水はくせがなく、硬度の高い硬水は人により好き嫌いが出やすいようです。

  日本で製造販売されているミネラルウォーターは、概ね軟水か中硬水で日本人の口にあったものばかりです。「大峯山 神泉洞の水」は硬度30の軟水、pH7.7の弱アルカリ性で軟水に慣れた日本人の味覚に最適な硬度です。苦味の強く出るマグネシウムの含有量が少なく、苦くない飲みやすいミネラルウォーターなのです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。