So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

どこでも天然水

大峯山 神泉洞の水」が、毎日飲めるウォーターサーバーの特徴について調べましたが、さまざまなシーンで利用されているようです。

 まず、天然水ウォーターサーバー80度のお湯と10度の冷水がいつでも利用可能なので、季節を問わず活躍してくれるようです。例えば、夏。お子様がいるご家庭では、冷蔵庫に麦茶や冷水が必要でしょう。しかし、ウォーターサーバーがあれば、お子様でもご自分で好きなだけ冷水が飲めます。しかも、水道水を加工した加工水道水ではなく、天然湧出のミネラルウォーターですから、育ち盛りのお子様や、残留塩素に反応があるアトピー体質の方にも良い効果があります。


  そして、80度のお湯もすぐに出てきますから、お茶やコーヒーなども風味豊かに楽しむことが出来るでしょう。最近では二階や寝室に設置する方も多いようです。深夜にお水が飲みたくなった場合でも、すぐに手元で飲むことができるのは大変便利ですね。

 会社でも利用価値は高いそうです。突然のお客さまでもすぐにお飲み物をお出しすることが可能です。ポットのお湯の管理の必要性もなくなります。また、ウォーターサーバー本体には紙コップホルダーが装着できるので、不特定の方が利用される環境にも活用できます。
  医療機関、美容院、エステサロン、ヘアーサロン、マッサージ、各種ショールームといったお店や、企業の従業員の方々への福利厚生としての利用も増えているのだそうです。なにせ、電源さえあれば水道施設のない場所への設置が可能なので、工事現場事務所や新築住宅現地案内所などでの利用もよくあるようです。

原水に限りなく近く

 「ミネラルは体にいいので赤ちゃんにも飲ませてあげたい」と一般的に思われています。しかし、赤ちゃんに硬度の高い水を与えると内臓の発達が未熟なため、下痢を起こしてしまいます。マグネシウムは軽い下剤として作用することがあるのです。

 ミネラルは食品からも摂取していますから、硬度の高い水を乳幼児に無理に飲ませる必要はありません。特に新生児のミルクを高い硬度の硬水で調合すると、粉ミルクメーカーが調整した数値を大幅に上回るミネラルイオンが体内に取り込まれてしまうのです。さらに、国産品と違い、輸入物のミネラルウォーターのほとんどは、一切除菌されておらず、製品に微量の生菌が含まれている場合もあります。

  ナチュラルミネラルウォーターの採水方法は、自然噴出している水を空気に触れさせず直接採水するのが理想的なのです。自然噴出とは、高い山脈からの浸透水の圧力が地下水にかかり、その圧力で水が湧出している状態です。地下の内部からの強い圧力がかかっていると、地表から有害物が流入する状況になったとしても有害物の混入を防ぐことができます。自噴していない地下水を人為的に掘って汲み上げる方法もありますが、この方式で大量に汲み出すと、水位が低下して周辺地域の汚染物質の影響を受ける可能性が出てくるのです。

  理想的な採水環境の条件は、自然の力により押し出されて湧き出ている水を大気に暴露させることなく採水できることです。神泉洞の自噴地点は山の内部(約200 m )にあり、全く外界の影響を受けることなく採水できます。このような理想的な採水環境は他にはほとんど例を見ません。 

 大峯山 神泉洞の水」には、納得させられるだけの製造工程のこだわりがあります。それは、以下の4つの点に表れています。 

1.神泉洞内の水を空気に一切触れさせず直接工場に送水。
(
原水を少しでも大気に触れさせるだけで、細菌混入の恐れがあります)

 2.高性能の多段濾過システムにより最小0.1ミクロンのマイクロフィルターで処理
    (
神泉洞の内の水は極めて清浄で、無処理でも飲用できますが、商品化の為に処理され  ています)                           

3.品質の変わる加熱処理はしない。衛生的なクリーンルームで現地にてボトリング
(85
30分間の加熱処理は原水の成分と風味を損なうのでしていません)

4.厳重な品質検査の後、専用車で出荷輸送。                   

(万全の品質管理体制と毎日の水質検査、製造ラインの定期完全洗浄作業の実施)   

 ここまで原水の良さを残すことにこだわっているお水は、私の知る限りではあまりありません。  


日本人好みのお水

おいしい水を求めるならマグネシウム分が少ないものを、飲み水からミネラル補給をされたい方は多少後味が苦いようでも、ミネラル含有量が少しでも多い水を探してみてはいかがでしょうか。味を楽しむ、飲み水としてのミネラルウォーターを考えるなら、苦味や渋みがない水のほうがおすすめですよ。

 

ミネラルウォーターに含まれる、ミネラルの特徴は以下のようなものです。

・ナトリウム・・・塩化ナトリウムは塩辛さ、硫酸ナトリウムは渋みがあります。

・カルシウム・・・のど越しのよさ、まったり感。含有量が多すぎると重い感じがするよ  うです。

・マグネシウム・・・含有量が多すぎると苦味が感じられます。

・カリウム・・・味を引き締めてくれます。

ナトリウムやマグネシウムは、はっきりと味覚で感じられます。ゆえに、これらが突出して大量に含まれる水は口の中に後味を残してしまいます。マグネシウムの含有量の多い後味の苦い硬水を選ぶのか、水の味を優先して軟水を選ぶのかは、お水を飲む目的によって変わってくることでしょう。

  19854月に厚生省が発表した「おいしい水の要件」の硬度によりますと、おいしい水は10mg/lから100mg/lの硬度のものとなります。硬度の低い軟水はくせがなく、硬度の高い硬水は人により好き嫌いが出やすいようです。

  日本で製造販売されているミネラルウォーターは、概ね軟水か中硬水で日本人の口にあったものばかりです。「大峯山 神泉洞の水」は硬度30の軟水、pH7.7の弱アルカリ性で軟水に慣れた日本人の味覚に最適な硬度です。苦味の強く出るマグネシウムの含有量が少なく、苦くない飲みやすいミネラルウォーターなのです。


ナチュラルミネラルウォーターとは

 現在では輸入ミネラルウォーターのうち、特定の採水条件で一定の水質のものは無除菌・無殺菌でも販売が認められており、国産品に関していえば「ナチュラルミネラルウォーター」の名称の使用の条件としては、除菌方法が沈殿、ろ過、加熱処理のもので、水質検査に合格したものが製造基準です。

  ヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターに対する考え方は非常に厳格で、採水地環境の管理と保全状況、原水の状態のままで製品化されているか(人為的な加工がされていないか)について問われます。つまり、原水を加工したり、熱処理を加えたりしたものは、ナチュラルミネラルウォーターとしては失格なのです。

 「ナチュラルミネラルウォーター」の名称の使用は、ヨーロッパでは、生のまま、なんらの処理もせず飲める水だけが出来るのです。 一方、日本の場合は食品衛生の観点から、除菌処理を義務付けてきたことが輸入障壁となっていたのですが、ヨーロッパ諸国からの圧力で無除菌・無殺菌ミネラルウォーターの法的整備を急ぐことになりました。その結果、一定の条件下で無除菌・無殺菌のミネラルウォーターの輸入が認められるようになりました。 

 「ナチュラル」の語句を使用せずに、単に「ミネラルウォーター」として製造する場合では複数の異なった水源が認められます。また、オゾン処理や紫外線殺菌などの処理方法も認められていて、「ボトルドウォーター」として製造する場合は飲用可能であれば、原水が井戸水や水道水であっても製造が認められています。(スーパーの大型機械で小売されている水がこの類です。)

 濾過による処理方式は、加熱処理に比べて製造コストがかかりますが、その反面、風味をほとんど損なわず除菌できる処理方法なのです。現在、おいしいと評されるミネラルウォーターの多くは非加熱処理、濾過による処理方式です。 

 大峯山 神泉洞の水」は、非熱処理で細菌レベル以下に対応できる0.1ミクロンのミクロフィルターで原水を処理しています。それゆえに、「ナチュラル」な天然水の風味とミネラル分をみごとに残したまま、製品化することができているのです。


本物の天然水

わたしがおすすめする、「大峯山神泉洞の水」は、知り合いのお宅に伺った時にいただいて、そのおいしさを実感しました。なんでこんなに他のお水と違うのか、掘り下げて調べたかったので、わかった範囲での特徴を報告しますね。浄水器のフィルターを交換せずに使用を続けると、汚れたフィルターに細菌が繁殖して、元の水道水の水質より悪くなるという問題が起きるようです。
  良質な水源のミネラルウォーターだと、河川水由来の水道水とは違い、飲用の為に水を特別に加工するという考え方そのものが必要無く、近年問題となっている発がん性物質のトリハロメタンやダイオキシン、環境ホルモンなどの心配もありません。
家庭用浄水器やRO水(ほぼ完全に不純物をろ過した水)は確かに元の水道水よりもおいしい水を得ることができます。しかし、出てくる水は河川水から製造された水道水には変わりないのです。また、性能の高い浄水器ほど交換用フィルターのお値段が高くつくのです。(フィルターの価格は一本約2万円。フィルターの価格の高いものは性能が高く、安いものは化学物質の除去能力はないに等しい。)
   
大峯山 神泉洞の水」は名水のうまさをそのまま楽しめるように、あえて設備コストの高い、ろ過方式による製造をしています。ろ過方式でなく、加熱方式を採用すれば、設備コストは安くできるのですが、製品は湯冷ましになってしまうのです。そうなると、風味・成分が変わってしまい、せっかくの名水のうまさが台無しになってしまうのだそうです。少しでも名水の味を保ちたいために「大峯山 神泉洞の水」は製造方法にもこだわっているのです。

 大峯山神泉洞の水」が、最近飲んだお水のなかで一番おいしかったです。ウォーターサーバーの設置をしようかと考えているのですが、水道水の加工品や、風味の損なわれたミネラルウォーターなら、お金を出してまで飲みたくはないので、しっかり調べようと思っています。


お料理と天然水

以前に軟水・硬水について触れましたが、今回はお料理と飲み物との相性について、書いてみます。まず、軟水・硬水と飲み物・食べ物について表にしてみました。
用途軟水硬水 
コーヒー深煎りの一部のコーヒーは硬水のほうおいしい
緑茶×硬水を使うとタンニンに反応して黒くなる
紅茶緑茶と同じだがリーフの種類によって異なる
日本料理硬水を使うとうまみ成分を分解してしまう
炊飯×硬水で炊くとパサパサになる
薬の飲み水×硬水は薬の成分に悪影響を与える場合がある
煮豆×硬水で煮ると豆にしわができてふっくらしない
粉ミルク×粉ミルクは軟水用に成分調整されている
製氷軟水で製氷すれば透明で融けにくい氷ができる
ポトフ硬水のほうがアクが出やすい
パスタ硬水のほうがコシの強いパスタができる
ダイエット×硬水は便秘解消に役立つ
ミネラル補給ミネラル含有量が硬水のほうが多いです
酒の醸造灘は硬水、伏見は軟水を使用。好みによる

 軟水・硬水とお料理、飲み物の関係はざっと表のような感じです。紅茶の場合、ダージリンなどの高品質葉の場合は硬度50までの軟水が適しているのです。一方、アッサム、ケニア、アールグレイ、ラプサンス・チョンなどの個性の強いリーフは硬水が適しています。コーヒーの場合は硬水が苦味成分を抑制する性質があるので深煎りの一部の品種(フレンチロースト、イタリアンロースト)では硬水のほうがおいしい場合もあるようです。


 そして、緑茶の旨みを引き出すには軟水が適しています。これは緑茶のタンニンが天然水のカルシウムと結合して、タンニンの旨み成分をうまく閉じ込めてくれるのでおいしくなるのです。 「ミネラルは体にいいので赤ちゃんにも飲ませてあげたい」という話を聞いたことがありますが、赤ちゃんに硬度の高い水を与えると内臓の発達が未熟なため、下痢を起こしてしまいます。マグネシウムが軽い下剤として作用してしまうのです。ミネラルは食品からも摂取していますから、硬度の高い水を乳幼児に無理に飲ませる必要はないのです。特に新生児のミルクを高い硬度の硬水で調合すると、粉ミルクメーカーが調整した数値を大幅に上回るミネラルイオンが体内に取り込まれてしまうのです。

 さらに、重要なことですが、国産品と違い、輸入物の天然水のほとんどは、一切除菌されておらず、製品に微量の細菌が含まれている場合があるのです。市販の天然水は硬度2のものから硬度1816(ドイツのエンジンガー)のものまであるのです。ですから、用途によって使い分けることが重要となります。硬度の高い水はミネラル分が多い反面、料理などに使うとミネラル分が食材に対して化学的に直接作用します。

 こうして、お水にこだわることにより、お料理や嗜好品にも深みが加わることとなると思います。 


この天然水はおいしい!

老若男女が安心して飲め、健康にも良い天然水のひとつである「大峯山 神泉洞の水」。消費者の側で考えると「 美味しい 」だけでなく「 安全か 」と言う点も、 ミネラルウォーター選びに必要な条件です。

 奈良県吉野熊野国立公園内にある、吉野郡天川村(てんかわむら)。ここは、あらゆる開発行為が規制されているのです。天川村よりさらに奥には<ごろごろ水><泉の森><神泉洞>の3つの源泉から成りたつ洞川湧水群があります。
 この洞川湧水群は水質が良く、昭和607月に当時の環境庁(現・環境省)から「名水百選」に選ばれました。この源泉のひとつである、神泉洞の内部は、石灰質の鍾乳洞になっています。入口から地底に100mほど進んだ突き当りには神秘的な湧水地点があります。私が紹介する天然水、「大峯山 神泉洞の水」はここで採水されています。  ここ神泉洞は昔から地元の人々に「神の泉」と呼ばれ、御神水と崇められてきた歴史があります。「大峯山 神泉洞の水」は、この伝説的に語り継がれてきた神泉洞の水を原水としているのです。  
神泉洞の入口は衛生上、保安上の関係で厳重に管理されていて、関係者以外は立ち入り禁止です。その為、一般の方が取水することはできません。みだりに汚される心配がありません。 「大峯山 神泉洞の水」は、こうした安全な環境で採水した天然水を、現地にてマイクロフィルターで濾過して、ボトルに詰めているため、天然水の風味と質がしっかりと息づき、飲んでおいしく、体にも良いミネラルを摂取することができるのです。

  


私のいちおし

 私たちが生活しているなかで、平均的な1日の水分排出量は、尿が約1.5ℓ、便約1ℓ、生理的に失われる水分 100ml、これだけの量が体から出ていきます。この体内から失われる水分を平均的に補給するとすれば、飲料水などの水分補給で1.3ℓ、食べ物の中の水分で約1ℓ、体のなかでの代謝水が約200mlという補給のしかたがベストなんだそうです。人間の体は約60%が水分でできていますので、水分はとても大切な存在なのです。
これが、わずか5%でも不足すれば頭痛や体温上昇、脈拍上昇などの症状が起きます。 1日のサイクル目安として、
・朝目覚めたとき
・午前10時と午後3時のおやつのとき
・入浴前後
・寝る前
などにコップ1杯ずつの水を飲み、それ以外に13回の食事の時に1杯ずつ飲めば、だいたい1.5ℓの水分が補給できることになります。でも、水分が必要だからといって、摂りすぎるのもあまり良くないようです。水分を摂り過ぎて体内の水分が数%でも増えると、過剰な水を処理するために腎臓に負担がかかり、尿として排出されるべき体内の老廃物を処理しきれなくなってしまうため、体がだるくなったり疲れやすくなったりむくみを起こしたりします。  日常生活にお水を飲む習慣をうまく取り込む工夫が必要です。おいしいお水が手もとにあれば、楽に補充できると思いませんか?天然水・ミネラルウォーター・水道水を加工したものなど、様々なお水が出ていますがそうしたなかで、私のいちおしは大峯山の神泉洞のお水なんです。毎日飲んでいますがすっきりしていながらもまろやかで、本当に美味しいです。特に冷水でいただくとごくごく飲んじゃいます。 

お水を飲んで病気をふせぐ

 1.糖尿病は体内のインスリン作用が悪くなって起こります。
血糖値が上がり尿がたくさん出て血液濃度が高くなるため、
喉が渇きやすくなることも特徴です。
水を飲むことは糖尿病の予防になりますよ。

 2女性の悩みのひとつである便秘
原因のひとつに、
水分が不足するため便が硬くなり腸のはたらきが落ちることがあげられます。
便秘解消には、朝起きぬけにコップ1杯の冷たい水を飲むことも効果的です。水分補給が腸を刺激して便秘解消にもつながりますので、しっかり水分補給しましょう。 

 3.高血圧は塩分の過剰摂取によっても引き起こされますが、余分な塩分を排出するために、水分を補給すると効果的とのことです。 

 4.秋に意外と多くなる病気が痛風です。
なんらかの原因で
尿酸が過剰になり、針状結晶となって関節などに付着し、激痛を起こす病気が痛風です。尿の排出量が少なくなると尿酸が排出されなくなり余計に悪化しやすくなります。
つまり夏は汗を大量にかくため、尿量が減少しがちになり、その結果、尿酸が十分に排出されない状態となって秋に痛風発作を起こすこととなります。ここでもやはり、水分をしっかり摂ることが予防につながります。
 

 5.脳梗塞は、血液中の水分が不足して、血液がドロドロの状態になり血管が詰まりやすくなることがひとつの原因となります。
脳梗塞は、午前中に起こりやすいと言われており、寝ている間に汗をかき、水分が奪われてしまうため、朝起きて水分を摂取しないでいると、ドロドロとした血液が詰まって脳梗塞の発作を起こしてしまう可能性が高くなるからともいわれています。
また、睡眠中のトイレが近くなることを考えて、寝る前は水分を控える人が多いですが、そのために血液が濃くなり詰まらせてしまう原因にもなっていることもあるようです。
  

 水分を取りすぎるのも体に良くないのですが、どちらかというと水分をきちんと取らないほうが病気になりやすいと言えそうです。習慣化するのが難しいようでしたら、天然水やミネラルウォーターの宅配ウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか?毎日手軽においしいお水を飲んで、病気を未然に防ぎましょう。 


ミネラルウォーターと癒し

水には私たちの癒しとなることがあります。水を楽しむということを見ていきましょう 水が心に影響する水がわたしたちの心に語りかけることがあります。それは、水という身近な存在が、わたしたちの中にも外にも多く存在することに関係しているでしょう。命を保つために必要なものですから、その水に依存し、心を良い状態にするために用いることができるのです。リラックスする方法には、どのようなものがあるのでしょうか? 水を飲むことでリラックス水を飲むことにより、体温コントロールや血液濃度の変化など、多くの益を私たちの体にもたらしてくれます。それは、ストレス解消にもつながります。ストレスというのは、カルシウムやマグネシウムの減少を招きます。そこで、それらのミネラルが含まれている水を飲むことは、ストレスの減少につながるということなのです。ストレス社会と言われている現在、一歩立ち止まって、水を飲んでみましょう。それだけでスッと落ち着いて、心に水が流れることでしょう。 水の音を楽しむ日本には昔から、ししおどしというものが存在しています。名前だけを聞いてもピンとこないかもしれませんが、竹の中に水がたまるようにし、ある程度たまると竹筒が傾き水が流れていき、その作用として戻るときにコーンという音を出すものです。ただ単に水の流れる音を聞くのではなく、そこに細工を行なうことで、さらに水を楽しむという日本の文化が溢れていると言えるでしょう。他にも、海の波の音、清流のせせらぎ、雨音、など多くの水に関係する音がリラックスにつながるのです。これらの音のゆらぎは、わたしたちの心の波長とあって、そのような効果をもたらしているのです。 水を見て楽しむ初めて大きな海を見たときのことを覚えておられるでしょうか?あまりにも幼いときのことで、覚えてないかもしれませんが、多くの人が海に行くと感動を覚え、やすらぎを感じます。また、清流の流れる様子を見ていると、心が表れるという方も多いでしょう。街づくりの中には、川の流れを利用して、市民公園や遊歩道を作ることもあります。それらすべては、水の流れが迷惑なものではなく、憩いにつながるものだから存在するものなのです。 水に入ることを楽しむ水を楽しむてんで、日本人は特に水にはいることを忘れてはいけないでしょう。島国である日本では、海水浴の習慣があります。この時に、大きな海に入ることで、余暇を楽しみ、心の解放を得ることができるのです。そして、温泉やお風呂という楽しみもあることでしょう。ゆっくりとぬるめのお風呂につかる、熱い温泉にガマンしながら入る、半身浴でゆっくりと汗をかくなど、様々に入浴方法がありますが、それぞれが、体の疲れをとり、癒しにつながっているのです。もちろん、お風呂に入って汗をかいたら、水を飲むことを忘れずに。 水を飲むことは、私たちにとってとても大切なことだということは度々書いてきました。ですが、ミネラルウォーターや天然水が体に良いとわかっていても、買い置きしたら場所はかさみますし、なかなか継続的に飲み続けるのは難しいですよね。宅配ウォータサーバーを扱っている業者は、たくさんあります。それぞれに特徴がありますから、ご自身にあったお水がどんなものかを、いろいろ飲み比べてさがしてみてはいかがでしょうか? 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。